menu
◇歯と歯周病と口臭のケア
◇予防歯科の必要性
◇唾液の働き
◇歯を磨くタイミング
◇食後歯磨きは、必要ない?
◇口臭について
 

  

SINCE 2014/6/26

  


  
唾液の働き
唾液は、体にとって、とても良い働きをしてくれます。

唾液の働きを、いくつかご紹介します。
まず、食べ物の消化を助けてくれます。

食事の際、よく噛んで食べるようにと言われるのは、噛むことにより唾液を促進し、この消化作用をねらったものでしょう。

その他にも、抗菌作用といって細菌の増加を押さえてくれます。また、歯に付着したプラークや食べ物のカスを洗い流してくれます。

歯は酸性に弱く、酸性の状態が長時間続くと、酸が歯を溶かして虫歯になります。

特に、食後や甘いものを食べると、口の中が酸性になりやすいです。しかし、唾液には、中性に保とうとする働き(緩衝作用)があります。

こういった働きから、よく噛んで食べることは、虫歯を予防することにもなります。

また、唾液には、歯の表層付近が溶解した場合、表面を修復してくれる作用(再石灰化作用)もあります。

唾液の分泌を促進する方法

食事は、よく噛んで食べなさいと言いますが、唾液には、消化作用があるため、消化を助けるという意味で、よく噛んで食べることはいいことです。

しかし、それだけではありません。
よく噛んで食べることは、唾液の分泌を促し、唾液の力で歯にも良い効果を与えます。

梅干など、酸っぱいものを食べるのも唾液の分泌に有効です。
食後のガムもおすすめです。
ガムと言っても、普通のガムはお勧めしません。

なぜなら、砂糖が含まれており、口の中が酸性の状態になり、虫歯になりやすいからです。

ですので、食後のガムはキシリトールガムにしましょう。

キシリトールガムに使われているのは、砂糖とは違い、虫歯の原因にならない甘味料です。

キシリトールガムをかむことにより、唾液を促してくれます。

Copyright 2014 歯と歯周病と口臭のケアは大事!. All Rights Reserved