menu
◇歯と歯周病と口臭のケア
◇予防歯科の必要性
◇唾液の働き
◇歯を磨くタイミング
◇食後歯磨きは、必要ない?
◇口臭について
 

  

SINCE 2014/6/26

  


  
口臭について
口臭は皆とても気にしていますが、自分の口臭は、なかなか自分で気が付きにくいものです。
なぜだかわかりますか?

ある臭いを嗅ぎつづけていると、その匂いに順応し、臭いを感じなくなるそうです。
これを臭覚疲労と言います。

口臭には、生理的口臭と病的な口臭があります。

生理的口臭とは、ニンニクやニラなどの臭いを発する食べ物を食べた後の口臭や、飲酒後のアルコール臭、喫煙者の場合は、タバコ臭などが原因となって発する口臭です。

病的口臭は、歯周病、舌苔、虫歯、蓄膿症、内臓疾患など病気が原因となって発する口臭のことです。

口臭を気にされる方は、主に、生理的口臭の方、病的口臭の方、気にしているだけで実際は口臭がない方に分けられます。

生理的口臭は、口腔内のケア不足が原因なので、すぐにでも対策をとれば、予防することは可能でしょう。

歯磨きをするのも効果的だと思いますが、胃の中まで洗うことは出来ません。口臭ケアグッツは沢山売られていますので、それを試しても良いと思います。

病的な口臭は、主に歯周病、舌苔が原因の場合が多いそうです。

舌苔(ぜったい)は、舌に付いた白い苔状のものです。

どんなものか気になる方は、画像検索すれば、たくさん出てきます。

また、口腔歯科、口腔外科などで治療を受けることもできるようです。

自分でケアしたい場合は、舌ブラシというのが売られているので、それでケアします。(具体的なケアの方法については省略させていただきます)

歯周病については、自分だけでケアするのは限界があります。 病院を定期的に受診して専門的な治療を受けましょう。

Copyright 2014 歯と歯周病と口臭のケアは大事!. All Rights Reserved