menu
◇歯と歯周病と口臭のケア
◇予防歯科の必要性
◇唾液の働き
◇歯を磨くタイミング
◇食後歯磨きは、必要ない?
◇口臭について
 

  

SINCE 2014/6/26

  


  
歯を磨くタイミング
ある日、友達と旅行に行きました。

ホテルに一泊しました。
朝起きて、朝食が食べることができるラウンジへ向かう準備をしていると、友達が歯磨きをしていました。

まだ、食事してないのに、なぜ、歯磨きをするのだろう。気持ち悪いからスッキリしたいのかなと疑問に思いました。

子供の頃、歯磨きは毎食後にすると躾けられたし、そういった習慣でした。
朝食を終えて、歯磨きを行い、ホテルを出る準備を整えていたのですが、友達が歯磨きをする様子がありませんでした。

(気持ち悪くないのかな)とその時は思いましたが、バタバタと準備をしていたため忘れてしまいました。

旅行から帰ってきて、朝起きて、顔を洗っているときに、ふとその時の疑問がよみがえりました。

なぜ、食後歯磨きしないのに、起床時にするのだろう。
起床時の歯磨きには、意味があるのだろうか。
調べてみますと、起床後の歯磨きは、とても意味のあることだったのです。

説明した通り、唾液は、緩衝作用、抗菌作用、再石灰化作用など歯にとって良い働きをしてくれます。

しかし、就寝中には、その分泌が減ってしまします。

そのようなわけで、起床時、口の中は、細菌が多い状態になっているのです。

起床時に歯を磨くことは、口腔内の細菌が多い状態なので最も効果的な歯磨きになるのです。

Copyright 2014 歯と歯周病と口臭のケアは大事!. All Rights Reserved