menu
◇歯と歯周病と口臭のケア
◇予防歯科の必要性
◇唾液の働き
◇歯を磨くタイミング
◇食後歯磨きは、必要ない?
◇口臭について
 

  

SINCE 2014/6/26

  


  
歯と歯周病と口臭のケアは大事!
今、何の不自由もない食生活をされている方は、気づきにくいことではありますが、人は、歳を取るにつれ、歯の本数が少なくなっていく傾向にあります。

私も、事故にでも合わない限り、歯がなくなるとは想像していません。
先日、歯医者に行ったら、虫歯があると言われました。

一つは、奥歯。歯磨きがしにくい場所で、歯のかなり奥の方まで虫歯でした。

もう一つは、小さい頃に治療した箇所で、かぶせ物の隙間から、菌が入り込み虫歯になっているとのことでした。

治療をしてわかったことですが、かなり進行していて、神経に到達する直前でした。

次、虫歯になったら、神経の治療をしないといけなくなります。

さらに、悪化すれば、歯を失うことになってしまいます。


画像

いつも歯磨きをしていたし、年1回は、歯医者に見せてチェックしていたので、歯のケアは行っている方だと自負しており、歯を失うなんて思いもしませんでした。

歯医者に貼られていたポスターには、歯科予防を行っている国にくらべ、日本は歯科予防を行っていない人が多く、高齢者の歯の残存本数が少なくなっているとのことでした。

歯があるのが当たり前だと考えていたけど、歳をとってくると、どうなるかわかりませんね。

そういえば、身近にいたお爺さんやお婆さんも入れ歯をしていたような。

噛むという行為は、脳を活発化させてくれます。
歯を失うと認知症のリスクが高まるとも言われています。

歳をとっても美味しいものを食べたいし、認知症には、出来ればなりたくないものです。

そこで、歯のことについて調べてみました。
専門家ではありませんので、参考程度に読んでもらえたらと思います。

Copyright 2014 歯と歯周病と口臭のケアは大事!. All Rights Reserved